2009年06月04日

僕が頑張る理由

会いたい人がいる


もう会えない人がいる


まだ、会えない人がいる


会いたいけど、会えない人がいる


会って謝りたい人がいる


声を聞きたい人がいる


出来ることなら


今までの過ちを


全て水に流して


もう一度会いたい人がいる


でも、会うことは出来ない


想うほど悲しく


願うほど虚しく




だから僕は


今を頑張るしかないのだ


ただがむしゃらに


やりたいことやって


好き勝手に生きてるけど


好き勝手に生き続けるのはやっぱり大変で


好きなことが嫌いになるのが怖くて


時に臆病になって


時に立ち止まって


振り返ってばかりの毎日を


それでも好きだから進んでく


いつか、会いたい人に会えるように


いつか、会えない人に伝わるように


俺はここで、生きてますよ


俺はここで、頑張ってますよ



あなたはお元気ですか


季節はもう、春です。
posted by タロー at 22:27| Comment(48) | コラム | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

親年齢

当り前だけど

僕以外の人にも年齢は存在して

26なら単純に

僕より5年多く生きている

でも、それだけなのだ

5年生きているが、僕以上でも以下でもない

皆、同じラインなのだ

5年の間に、いろんな事を体験しているかもしれない

僕がまだ体験したことのないことを

体験しているのかもしれない

でも、僕と出会うことは

その人にとっても初めての体験なわけで

つまりはそこに、上も下もないのだ

その人だって生きている

だから間違いを犯すことだってある

勘違いや、気まぐれでものを言う時もある

僕らもそうだから

僕らは無意識に、そういう人たちに甘えて

何で年上なのにあんなこと言うんだろう、とか

もっと気がきいたこと言えないのか、とか

それは僕らの甘えなわけで

年上だって年下だってなんだって、人間なのだ

僕らはそういう時に

言葉の矛盾を一つでも見つけたりすると

得意になってそこをつついたりする

まるで、自分は間違いを犯したことのないかの如く

そんな事は、決してあり得ない

生きている以上

誰だって時には間違えたり、悩んだり

初めてのことには、戸惑いを覚えるもの

国会で、相手の一語一句にワーワー言ってる人たちも

記事や雑誌の一言にブーブー言ってる人たちも

自分は間違ったことがないかの如く

上司だって部下だって店長だって同期だって先輩だって後輩だって

皆、時には間違うのだ

生きているから

今まで正しいと思ってきたことが

ひっくり返されるかも知れないのだ

でもひっくり返されたら、戸惑うのだ

だから、意固地になったりするのだ

そう、それが親であっても



親なのに、なんで分かってくれないんだろう

家にいる僕しか見てないくせに

外にいる僕を知らないで、なんでああいうことが言えるんだろう

ちょっと口答えしたらすぐこれだ

なんでいつも言い合いになるんだろう

でも

なぜすぐ口答えしてしまうんだろう

なぜ分かってくれると思うんだろう

なぜ親の言葉は素直に聞こえないのだろう

それは多分、親であり、大人だと思ってるから、かもしれない

今君が二十歳なら、

君の親も二十歳

パパ、ママになってから

まだ20年しか経ってない

いくら年齢が倍以上生きていても

君と歩んできた道は同じ

いくら兄弟が上にいても

君と見てきた景色は同じ

君が色々不安定になるように

君の親も、不安定なのだ

君と同じように

家にいる僕しか見てないくせに、と思うのと同じように

僕らも、家にいる親しか、見えていないのだ

見えないところで、やっぱり親も悩んでるのだ

君がひとりっ子なら

君の言動全てが、初めてのことなのだ

君に兄弟がいても

君の発したすべての事は、新鮮なのだ

君の動きや言葉の一つ一つに

君のパパママは感動し、笑顔をもらい、時に悩む

今も、その過程は続いているのだ

そしてこれから先も、ずっと続いていくのだ

どちらにも、正解なんてない

お互いが時に間違いながらも

一緒に成長し、生きていくのだ

生きていくのだ

これからも、ずっと
posted by タロー at 22:18| Comment(0) | コラム | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年02月22日

勇者

世界を変える事は、難しい。

僕は伝説の勇者ではない。

でも、自分を変える事は出来る。

変われない人なんていない。

自分を変えれば、世界が変わる。
posted by タロー at 21:56| Comment(0) | コラム | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

独り言

輝き続けるには、自分で自分を磨かなくてはいけない。

僕はまだ、人に磨いてもらってるに過ぎない。



歩き続けるには、自分で歩き方を見つけなければならない。

僕はまだ、背中を押してもらっているに過ぎない。



迷わないためには、自分で道を見つけなければならない。

僕はまだ、人の後ろを歩いているに過ぎない。



生き残るには、自分で生きようとしなければならない。

僕はまだ、死んでいないだけだ。
posted by タロー at 21:50| Comment(0) | コラム | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年02月04日

誕生日

誕生日

それは、一年に一度だけの

あなただけの記念日



あなたがこの世に性を受け

この世界の空気を吸った

記念すべき日



周りはあなたをお祝いしてくれるでしょう

その日は、素直に喜んでいい日

あなたが主役になってもいい日



そして、それと同時に

あなたは感謝しなければいけない

あなたを生んでくれた、母に

誕生日は、母にとっては出産日



だからその日は

産んでくれてありがとう

と感謝しよう

誕生日は、母のためのお祝いでもあるんだから
posted by タロー at 04:35| Comment(0) | コラム | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

きっと、僕が弱いから

世間が当たり前だと言うことを

素直に受け入れることが、まだ出来ない。



仕方ないんだ。

そうやって割り切れる勇気を、僕は持ち合わせていない。



相手の言葉に一喜一憂し、

勝手に自分の中で解釈を始め

自分の考えた「相手の気持ち」に悩む。

結局は、聞かなきゃ分からないのに。



これから生きていく中で

今以上に悩むことが沢山あるんだからって

そんなんじゃ、この先やってけないぞって

誰かに慰めてもらっても



僕は弱いから

自分の力を、目の前のものに全て注ぎ込んでしまう。

余力というものの使い方を、僕は知らない。



自分のために使うべきパワーが無い。

何かが、僕の中を垂れ流しに通り過ぎていく。



そして、この異常はついに、現実を離れ

夢の中にまでやってきた。



不吉な夢。

僕が今、一番なってほしくない未来を

僕の脳が、毎晩見せ付けてくる。



今、僕以上に生きている人達は

皆こういう道筋を、歩いてきたのだろうか。



僕は今まで

「何で僕だけが・・・」

という考えをしたことはなかった。

だって、それはとてもおこがましい事だから。

自分に自惚れた人だけが使う言葉だから。

自分以上に、辛く、酷い目にあっている人は沢山いる。



今でもそれは変わってない。

でも、ちょっとだけ

僕の中の、何かが壊れた。



他人にとってその悩みは

たいした出来事ではない。他人事だから。

でも、当の本人にはそれが

今一番デカイ悩み事なのだ。

それを心から理解しあえる人は、いるのだろうか。



五月が終われば、消えてくれるのかな。

あれは五月病だったんだって

誰かが笑いながら言ってくれるのかな。

その時僕は、笑って話を聞いてるのかな。



神様。

もしも、あなたという存在が本当にいるのなら。

助けてくれとは言いません。

ただ、邪魔をしないでください。
posted by タロー at 04:33| Comment(0) | コラム | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

0.000003%

あなたは
人間が一生の内に出会う人数は、
何人だと思いますか???








人が一生の中で出会う人の数は、
平均してせいぜい二万人程なんだそうです。

60億人いる人口の、たった



0.000003%です



どうですか?

恐らくほとんどの人が、少ない、と感じたのではないでしょうか?

そう、数字で表すと、とても少ないんです。

それだけ、世界は思っている以上に広いんです。





今、あなたの周りにはどんな人がいますか?


苦楽を分かち合った人、愛しい人、
自分を変えてくれた人、自分を育ててくれた両親。


そんな人達と出会う確率なんて、
0.000003%よりも、もっとずーっと低いんです。


僕の周りにも、実に沢山の人がいます。
親友から恋人、両親まで。実に様々な人達が。


僕はそんな人達と出会えたことが、偶然とはとても思えません。


「出会うべくして出会った、運命のようなもの」


そんなふうに、僕は思います。




そう考えると

今、あなたの傍にいる人達と出会えたこと。

これって、凄いことだと思いませんか?





これから新しい場所へ行く、全ての人たちへ。

その時の出会いは、決して、無駄にはなりません。

無駄にしてはいけません。

だって、こうして奇跡的に、出会うことが出来たんだから。



そして、今までの出会いも、大切にしましょう。

分かち合うことの出来た人達は、人生の宝物。

分かち合うことの出来ない人達は、まだ宝の原石。

そうやって自分の宝物を増やしていけたら、最高ですね。





運命のなかに偶然はない。


明日は、どんな人と、出会えるだろう。
posted by タロー at 04:23| Comment(0) | コラム | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。