2009年02月04日

smile

寒い季節がやってくる
この感情が思い出に変わるのはいつだろう

もう当たり前のように電話もできないんだね
なんだか実感わかなくて、上手く泣けなくて

すれ違うたびに気持も揺れ動いて
あの頃の日々がすぐ目の前に現れては消えて
楽しかったはずの思い出が今は僕を苦しめる
自分でもどうしていいか分からないくらい君が好きだった

君の笑顔を苦しみに変えたくないから
いっそ二人会わない方がお互いのためなら僕はそうしよう
笑ってる君が辛いなんて思いもしなくて
そんな自分が一番嫌いだった

僕は君を忘れる事ができるんだろうか
僕の中にはまだ君がいて君の中に僕はまだいるのかな

長い時間を過ごしたわけじゃない
君の全てを知ってるわけじゃない
それでも僕は君を好きになった
いい人だよなんて言葉今の僕には届かない
会いたくないのに会いたくなる
そんな時間がもどかしく

君の笑顔を見るたびに顔をそむける自分が嫌で
いっそ何もなかった方が良かったとか
一人で呟いてはしまいこんで
何気なく話す君の前で強がってる自分が本当は一番弱いのに

二人で見た映画がレンタルされてると妙に悲しくて
それだけでいくつもの思い出が浮かんでは消えて
でももうこうして過去を振り返りたくはないんだ
自分の足で立ちたいんだ
前を向いてみたいんだ
だから僕は本当に自分勝手だけど君を忘れるために歌うよ

君の笑顔を悲しみに変えたくはないから
いっそ二人会わない方がお互いのためなら僕はそうしよう
笑ってる君が辛いなんて思いもしなくてそんな自分が一番嫌いだった
でもそれは
君の笑顔が世界で一番好きだから
やっぱり笑ってる君が一番きれいだから
だからこれからもずっと君は笑顔でいてください
誰の横でもかまわない君がずっと幸せでいられますように
君に会えて本当に良かった

ありがとう
さよなら
posted by タロー at 05:34| Comment(0) | 言の葉 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。